J-START(ジェイ・スタート)は厚生労働省が立ち上げた国家的プロジェクトです。厚生労働科学研究委託費 革新的がん医療実用化研究事業 乳がん検診における超音波検査の有効性検証に関する研究
お問い合わせ

*追跡調査について
*その他お問い合わせ

メールでお問い合わせ

携帯電話・スマートフォンで
ご覧になるには
QRコードを読み取って
アクセスしてください。

QRコード

サポートメール
j-start@surg.med.tohoku.ac.jp

※尚、Internet Explorer以外のブラウザをご利用の場合(Mozilla Firefox、Google Chrome、Safariなど)、お手数ですがアドレスをコピーのうえ、メーラーにペーストしてお送りください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

40歳になったら乳がん検診適齢期J-START(ジェイ・スタート)とは、40代女性の乳がん検診において、マンモグラフィ検査と超音波検査の併用が、有効かどうかを検証する比較試験です。

市区町村担当者のみなさまへ 「住民票の確認および除票の写しの交付」について


コールセンター年末年始休業のお知らせ

J-STARTコールセンターは、2021年12月29日(水)~2022年1月3日(月)までを年末年始休業とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い致します。

2021.12.10

2021年9月に発送したアンケート調査に対する謝礼発送を開始いたします

2021年9月発送のアンケート調査へ郵送またはお電話でご回答いただきました参加者の皆様へ、11月末より順次謝礼発送を開始いたします。ご返信いただいた時期によっては、お手元に届くまでお時間を頂戴いたしますことをご了承ください。

2021.11.11

ショート版アンケート調査に関するご協力のお願い

本研究班では、平成19年~平成22年に参加登録をしていただいたみなさまに、平成25年度から2年に1度のペースで、郵送による健康に関するアンケート調査を実施してまいりましたが、令和元年度から、4年に1度のペースで実施することになりました。
この度は、平成21年に参加登録をしていただいた方と、登録年にかかわらずしばらくご連絡が取れていない方を対象に、9月下旬から順次アンケートを送付いたします。アンケートにご回答の後、同封の返信用封筒(切手不要)にて郵便ポストへ投函してください(ご協力いただいた方には、謝礼として300円相当のQUOカードをお送りいたします)。ご返送が確認できない場合には、J-START専用コールセンター(0800-6002-595)よりご連絡する場合がございますので、ご回答をお願いいたします。
また、現住所が変わっている場合には、お手数ですが、コールセンター宛にお知らせいただけますとさいわいです。すでに転居や送付物停止等のご連絡をいただいている参加者の皆様には、いただいた情報を元に手続きを進めておりますが、行き違いで旧住所への送付があった場合には、ご容赦いただきたく、お願い申し上げます。
ご不明な点などございましたら、コールセンターまたは研究班のメールアドレスまでご連絡くださいませ。

●J-STARTコールセンター:0800-6005-411【折り返しの発信番号は0800-6002-595】
(フリーダイヤル:PHS、携帯電話からも通話料無料)
 委託先:㈱iDENサービス(福島県いわき市、秋田県秋田市)
●研究に関するお問い合わせ:j-start@surg.med.tohoku.ac.jp

2021.9.27

世界的に権威のある医学誌 JAMA Network Open(電子版)に研究成果を発表しました

平成19年度より皆様にご協力いただきましたJ-STARTですが、2016年1月の第1報(マンモグラフィ検査に超音波検査を加えることによる、マンモ群と超音波上乗せ群との感度・特異度、発見率の比較)に続く研究成果の第2報として「乳房濃度別の感度、特異度解析による超音波検査の評価」を公表しました。研究の結果、乳房超音波検査がマンモグラフィの偽陰性問題(検診でがんを検出できないこと)を補う有力な検査法であることが示されました。
プレスリリースの内容はこちらからご覧いただけます。

2021.8.25